サーカスの団長である彼は、
恋する女性が去った後、怒りにも似た悲しみのため傲慢な人になり、
その瞳は氷のように冷たく、誰も寄せ付けなくなりました。

彼の変化は、サーカも変え、表側の華やかなショーが終われば暗く暗く沈み、
笑うことさえ出来なくなりました。

日々重なる彼の冷たい振る舞いに、
傷つく心も増えていき、皆は困り果て疲れきっておりました。


ある日ライオンは、彼を自分の部屋へ呼び、
自分の椅子へ座らせると、静かな声で語りかけました。

「親愛なる団長よ。
あなたは何処を見ているのです。何をやっているのです。
何故、失った恋にとらわれているのですか。
何故、愛を無くしてしまったのですか。」


「ライオンよ!よくもそんな事が言えるものだ!
去っていった彼女のことを、私がどれだけ愛しているか
獣のあなたにはわからないのか!
私は彼女に愛されるべき存在だった。彼女こそが私の望みだったのだ。」


「 私が百獣の王であるように、あなたはこのサーカスの王ではありませんか。
王は求めてはいけません。王は与えるべきなのです。」


「何を言うのだ!私が彼女にどれだけ与えたと思うのだ!
私はできることをすべてやった。
彼女の美しさを讃え、目に映る美しいものすべてを贈った。
彼女が映えるようにと、このサーカスも立派にしたのだ。
どれだけ多くの時間と財を彼女のために使っただろう。

なのに彼女は行ってしまった。
これほど愛している私を残して!

今、私に愛が無いというのなら、
彼女を失い、私の中の愛が終わってしまったからだ!」


「サーカスの王よ、それは違う。
愛は終わるものではありません。
与える愛に決して終わりはないのです。

あなたが彼女に贈った愛は、愛ではなかったのでしょう。
それは自分のための恋だった。
ひとりよがりの恋は王にはふさわしくありません。

・・・サーカスの王よ、何故、愛そうとしないのですか。
サーカスの皆を
集まる人々を
輝いているはずのその時間を」


彼の目から大粒の涙がこぼれました。

「ああ・・・・ライオンよ・・・・わたしはつらいのだよ。
彼女を失ったことが、こんなにも。
私にはわからない・・・。
彼女に恋をして私のすべてがかわった。世界は輝いていた。
そして彼女への私の愛は、誰よりも勝っていると信じていたのだ。

今までの想いが自分のためのものだったならば
私には愛することがわからない・・・。」


「あなたは王です。愛はあなたの中に必ずあります。
サーカスの皆は待っています。あなたの愛を、あなたの笑顔を。
彼らを幸せにしたいと思わないのですか?」


「ああ・・・もちろんだ。皆が幸せでいてほしい。
そうか、それも愛なのだ。もちろんだ、私は彼らを愛しているのだ。いつまでも愛し続けたい。

しかし、彼女へのあの熱い気持ち、
あれこそが私の生きる喜びだったのだ。
ああ・・・あの情熱は、もう求めてはいけないものなのか?」


ライオンは、静かに微笑んで言いました。
「・・・確かにあなたは恋というものが必要で、恋し続ける人なのかもしれませんね。」


「ああ、しかし、彼女は去っていった。彼女を想い続けるしかないのか、それとも誰かが現れるというのか・・・彼女以上の人などいやしない。」


「親愛なるサーカスの王、あなたは、人生に恋をし続けるでしょう。」


ライオンを見上げる彼の瞳にはおだやかで強い光が戻っているようでした。
団長は少し考えてから言いました。

「そうか・・・そうだね、それもいい。
それこそがサーカスだと思わないか?」


彼は晴れやかな笑顔を見せました。